グラトリ

グラトリ

ここでは基本的なグラトリの名称のみの紹介です。スキーボードのグラトリはほぼ全てこれらのグラトリの発展応用、または複合技術となります。応用的なグラトリなどは別途紹介する予定です。

ワンフット
片足で滑走すること。ソロと呼ばれることもある。

フェイキー
後ろを向いて滑走すること。

スピン
滑りながら回転すること。

プレス
板の一部に荷重をかけること。荷重の掛け方によりバターやチップなどの細分化した呼び方をされることもある。

スライド
板を前後ではなく横方向にずらすこと。スピンも一種のスライドとも言える。(雪面に角付けをしない状態)

ターン
グラトリ用語でのターンとは、滑走のターン(曲がる)と言う意味ではなく、反対方向を向くと言う意味で使用される。(前向き滑走ならフェイキーになること、フェイキー滑走なら前向きになること)組み合わせるグラトリ名称によってはスイッチと呼ばれることもある。

カービング
前項(滑走-滑走用語-カービング)を参照

グラウンド(グランド)
板が雪面についたまま行う動作のこと。(例:グランドスピン=板が接雪したままでスピン)

ジャンプ
その場で飛ぶこと。

グラブ
板を触ること。主にキッカーで行うトリックではあるが、グラトリにおいてもグラブを行うこともある。

コンボ/コンビネーション
複数のグラトリを連続で行うこと。

LINEで送る
Pocket

コメントの入力は終了しました。